SaxoBank+若竹 相場・投資セミナーのご案内(日本語)

イベントのお知らせ

若竹コンサルティング代表の戸田です。いつもお引き立て頂きまして誠にありがとうございます。またブログの更新が滞っており大変恐縮でございます。

読者の皆様にお引き立て頂き、お仕事を担当させて頂く機会が増えて参りました。これも皆様のおかげでございます。心よりお礼申し上げると共に、益々精進して参りますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

さて2019年12月11日(水)、主に相場や投資等にご興味ご関心あられるお客様を対象に、上海にて、相場見通し・投資手法に関するセミナーを開催いたします。そこで本記事を通じて当該セミナーの概要・趣旨及び開催の経緯・意義などについて簡単ではございますがご説明・ご案内をさせて頂きます。

 

【セミナー概要】

開催日:2019年12月11日(水)

時間:18:30開演、21:00頃閉演

場所:上海环球金融中心74階

第一部:人民元の為替相場見通し 若竹コンサルティング有限公司代表 戸田裕大

第二部:長期で安定利回り10%を続ける投資の王道(米株投資) エグゼトラスト株式会社代表 川田重信

第三部:オプション取引とヘッジ多様性に富む戦略アプローチ・SaxoBankサービスのご案内 サクソバンク証券株式会社CEO 伊澤フランシスコ

参加費:RMB150 (事前申し込みRMB120)(頂いた費用は全て軽食・ドリンクへ使わせて頂きます)

定員:100名(上海では規模の大きな日本語イベントとなります)

その他:セミナー会場で口座開設のお申し込みを頂いたお客様に限定して、サクソバンクより優遇取引レートが付与されます

 

【セミナーの趣旨・開催の経緯】

日本ではご存知のように少子高齢化が進んでいることで、年金受給者が増えている一方、年金負担者が減少傾向にあり、果たして本当に自分たちの年金は振り込まれるのだろうか?と言った年金問題に関する議論が活発になっております。また中国では人民元国際化・米中貿易協議などを背景に人民元相場の変動が一層激しくなっております。このような状況下、弊社及び戸田のもとに、「これからの資産形成はどのようにしたら良いか?」「今後人民元相場はどのように動くか?」このような質問を頂きました。そこで弊社のビジネスパートナーであるデンマークのフィンテック企業SaxoBankに相談したところ、「それらを調査することは大変に意義があることですし、やるからには大々的にやりましょう!」と力強い言葉とバックアップを頂きまして、イベントの企画を進め、この度のイベントの開催に至りました。

 

【登壇者のご紹介】

エグゼトラスト代表 川田重信氏

川田氏は米国の金融雑誌「バロンズ」の編集人として有名な方で、また米株投資のインフルエンサーとしても有名な方です。もともとは大和証券に務めておられまして、駐在員として香港・シンガポール・米国で勤務されました。また転職後、現UBS証券東京支店の営業部長を務められ、その後独立、エグゼトラスト株式会社の代表として現在でも現役で数々のメディア・講演等でご活躍されています。

川田氏の紹介ページのリンク

例えば企業年金を通じて資産形成を開始された日本の方で、資産の大半を日本株に投資された方は少なくないと思います。ところが実は米株に投資した方が過去のリターンは圧倒的に高いです。日経平均株価とS&P500を比較するとわかりやすいのですが、概ね日本円の切り上げ(急な円高)が終わった1995年以降のデータを纏めると以下の通りとなります。なんとその差は6倍!

日本株vs米株
1995年を1として上昇幅を試算したもの。ドル円為替レートは考慮せず。米株(S&P500)の価値はこの間6倍に上昇したにも関わらず、日本株(日経平均)は・・・

※ブルームバーグよりデータ抜粋、弊社作成

なぜか?実はここに様々な日米金融の秘密、米株上昇のメカニズム、アメリカ経済の強さの源泉が隠されています。これらを理解することは、ひいては資本主義経済を、世界の仕組みを理解する一助になります。川田氏のお話から得られる知識だけで参加費の10倍も100倍も価値のある情報であると私は信じておりますので、自信を持って皆様にご紹介させて頂く次第です。

 

サクソバンク証券株式会社日本代表 伊澤フランシスコ氏

ソシエテ・ジェネラル証券、リーマン・ブラザーズ日本法人などの大手外資系証券会社のセールス、トレード部門、米リクイドネット証券の日本法人社長等、キャリアの中で外資系証券会社を中心に歩んでこられた方です。直近は、オンライン証券日本最大手のSBI証券にて、証券貸付部門や、マーケティング部門責任者を歴任するなど、長年にわたり金融業界において幅広い経験を積まれております。

このたび伊澤氏には、上海で初の日本語イベントを開催するにあたり、日本からイベントを支えていただいております。川田氏と私の話が「米株」と「人民元」と専門が定まっておりますので、伊澤氏はその二つと被らない領域でみなさまの投資のお役に立つ情報、またサクソバンクを用いた投資手法・ヘッジ手法などについてご案内して頂くこととなりました(おそらくどのような話でも臨機応変にご対応頂けるのだと思います)。

なおサクソバンクのセールスポイントは「世界中の投資商品・リスクヘッジ商品にアクセス」出来るプラットフォームを「利用料ゼロ」「透明で安価な手数料とレート」で提供する点です。フィンテックと言う言葉が出てくる前からの、正真正銘の革新的なフィンテック大企業で、自信を持ってオススメ出来る金融機関でございます。主には個人投資家、金融機関の方へのサービス提供が多いですが、法人向けにもサービスを提供しておりますので、プライベートでも仕事でもみなさまのお役に立てる企業であり、弊社の協業先として皆様にご案内できると考えております。

サクソバンクの日本語ホームページはこちら

 

川田氏・伊澤氏との関係は、みなさまが日本に戻られてからも、きっと貴重な関係・人脈として活き続けると思いますので、ぜひともこの機会に会場に足を運んで頂き、ご両名との関係を作っていただければ幸いでございます。

 

【弊社の思い】

弊社は主にB2B向けの金融情報・サービス・コンサルティングを上海を拠点に行っております。ところがこの度は主に個人の方を対象としたイベントに弊社自らも運営に参画し・また講演も行います。なぜか?そこには「弊社と関係を持って頂く方(身近な方)のお金の悩みを解決したい」と言う非常に強い思いがあります。

我々は戦後、資本主義経済と言う仕組みの中で生活をしています。資本主義経済下において、お金のこと、金融のこと、投資のことを知ることは必須であり、決して汚いことではございません。むしろお金に関する知識、実際にお金が足りないと大変に苦労します。結果として、友人との関係が壊れ、取引先との関係が壊れ、時に親子の関係も壊れることもございます。私は、自らの幼い頃の教訓から、大学卒業後、一貫して金融の世界に身を投じているのですが、それは人一倍お金・金融の知識の大切さに関する思いが強いからであると自覚しております。

世の中には、みなさまがご存知の通り金融に関する情報が溢れかえっております。そしてその大半のものは、あまりに情報の質が低く、役に立たないものも多いのが実態です。それはB2Bの金融の世界、B2Cの金融の世界でも同様です。ただただ、弊社それから私個人と関わって頂くお客様の、お金に関するお悩みを少しでも取り除きたい、本当に役に立つ情報だけをご案内したい。こう言う思いが背景としてございます。

繰り返しになりますが、川田氏の講演は皆様の将来に必ずや役に立つ大変に価値のある情報だと考えております。ぜひ奮ってご参加頂ければ幸いです。

 

それではセミナーに関するお知らせはここまで。当該セミナーに向けて弊社でも人民元に関するリサーチを進めて参りますので、会員の皆様には、調査を通じての気づきなどについてより詳しくご案内できればと考えております。

引き続きご支援頂ければ幸いです。今後ともよろしくお願いいたします。

 

セミナーへのお申し込みは以下のQRコードから

 

SaxoEvent

 

 

戸田 裕大

若竹コンサルティング 創業者