【変化する政局】中国はTPP 香港はRCEPへの加盟を検討

第23回は【変化する政局】中国はTPP 香港はRCEPへの加盟を検討でお届けします。 1.中国はTPP11 香港はRCEPにそれぞれ加盟を検討 2.香港の施政方針演説日程確定=11月25日(水)日本時間12時~ 3.香港ドルと人民元相場のアップデート

続きを読む 【変化する政局】中国はTPP 香港はRCEPへの加盟を検討

ワクチン期待も続かず ドル円はじり安の展開 2020/11/22

先週のドル円相場は、ファイザーに引き続き、モデルナのワクチン有効性の発表もあり、一時105.13まで上昇しましたが、ドル円の13週移動平均と同水準までの回復にとどまり、その後はずるずると反落しました。

続きを読む ワクチン期待も続かず ドル円はじり安の展開 2020/11/22

激変する東アジア情勢とそれを織り込む金融市場

第22回は「激変する東アジア情勢とそれを織り込む金融市場」でお届けいたします。 1.香港立法議会の15議員が辞表提出 2.日本を含む15ヵ国がRCEPに署名 3.香港ドルと人民元相場のアップデート

続きを読む 激変する東アジア情勢とそれを織り込む金融市場

ドル円はコロナワクチン開発期待で上昇するも徐々に反落 2020/11/15

先週のドル円相場はコロナワクチン開発の報をうけて一時105.68まで上昇しましたが、結果的にはドル円の13週移動平均と26週移動平均線の間までの回復にとどまり、その後は104円台半ばへ反落しました。米中対立の激化、米議会のねじれなど、米国経済の先行きに不透明感が残る状況では、引き続きドル売りが優勢となりそうです。

続きを読む ドル円はコロナワクチン開発期待で上昇するも徐々に反落 2020/11/15

アントの上場延期とバイデン候補の勝利が為替相場に与える影響

香港ドルですが、アントの上場延期もあり、少し売られてきました。対円レートはドル円の下落もあり1香港ドル=13.4円を下抜け、対ドルレートは長く張り付いていた7.75から僅かに乖離、米ドル買い・香港ドル売りの動き(チャートの青い丸囲みに注目)がみられています。それから人民元高が止まらなくなってきました。

続きを読む アントの上場延期とバイデン候補の勝利が為替相場に与える影響

バイデン新大統領+ねじれ議会が意識されドル安が進行 2020/11/08

ドル円相場は、週明け104.57からスタート。米大統領選の開票が行われる東京4日午前までは小動きの展開。開票が行われると、序盤はトランプ氏がリードを広げる中で、外為市場はドル買いで反応、意識された105円を上抜け105.37まで上昇した。ところが・・・

続きを読む バイデン新大統領+ねじれ議会が意識されドル安が進行 2020/11/08

ドル円は米第3四半期GDPの発表を受け反発 2020/11/01

ドル円相場は、週明け104.75からスタート。特段材料ない中で、105.06の高値までじりじりと上昇したが、その後は下値を探る展開が続いた。29日には104.03まで下落し、104円割れが意識されたが、直後に発表された米第3四半期のGDPが過去最悪の前期比対比で大幅に反発したこともあり、この水準ではドル買いが優勢。

続きを読む ドル円は米第3四半期GDPの発表を受け反発 2020/11/01

過去最悪の水準に達した失業率と高止まりする香港ドル

第20回は「過去最悪の水準に達した失業率と高止まりする香港ドル」についてでお届けします。 1. キャセイ・パシフィック航空が大型リストラを発表 2. 一方でテック企業の株価は好調 3. 香港ドル相場について

続きを読む 過去最悪の水準に達した失業率と高止まりする香港ドル

ウェブマガジン「foomii」連載記事開始のお知らせ

このたび、株式会社フーミーさまの運営するウェブマガジン「foomii」にて、「金融から始まる新たなパワーゲーム」というタイトルで連載記事を配信する運びとなりました。

続きを読む ウェブマガジン「foomii」連載記事開始のお知らせ

小動きながらもドル売り円買いが継続 2020/10/25

小動きの相場ではあるが、じりじりとドル安円高の水準へ値が切り下がる展開が続いている。今週は、7~9月期のアメリカのGDP速報値が29日に、ユーロ圏のGDPが30日にそれぞれ発表予定。中国経済が他国に先駆けて正常化しつつある中で、欧米の景気がどの程度回復を示すか、注目が集まる。

続きを読む 小動きながらもドル売り円買いが継続 2020/10/25