About

Value Proposition - 1

「アクセスの難しい中国金融情報の提供」

中国の国際社会における影響力の高まりを背景に、中国の政治や金融政策、景気動向などが、世界の金融市場に与える影響は年々大きくなっております。また人民元の国際化政策を背景に、人民元の変動も年々大きくなっております。

一方で中国に関する中国語以外の情報は少なく、また主義や思想が異なることに起因して先進国に正しく情報が伝わらないケースが散見されます。中国金融市場や為替人民元の情報に関しても同様の状況が続いております。

ぜひ弊社を通じて意思決定に必要な中国金融市場の情報を収拾して頂きたく存じます。

弊社では中国の政治・経済・金融情報の収集を自主的に行い、情報を発信してまいります。また受託調査も行なっております。弊社情報がお客様の投資回収の判断の一助となれば幸いです。

Value Proposition - 2

「不透明な金融取引のコストとリスクを削減」

日本、中国で750社以上のお客様と面談を重ねる中で、事業法人の金融取引のコストとリスクの削減余地が大きいことを確認しました。例えば金融機関が提供するサービスの手数料や借入金利、運用利回り、デリバティブヘッジレートの妥当性を検証出来ないケース、また正しく金融商品やサービスを活用出来ないために必要以上のリスクを抱えているケースが散見されました。

弊社は、金融工学(デリバティブ)の知識と、日本と中国のインターバンク(金融機関)取引の仕組みをノウハウとして蓄積しております。そのため金融商品や金融サービスのコストとリスクを削減する提案を行うことが出来ます。

日本を支える製造業・事業法人を様々な金融リスクから守り、事業の発展に貢献したいと考えています。ぜひお気軽に弊社へご相談ください。

戸田 裕大

戸田 裕大

若竹コンサルティング 創業者

2007年、中央大学法学部法律学科卒業後、(株)三井住友銀行へ入行。10年間外国為替業務(FX Spot, Forward, Option, e-Commerce, Analyst, Sales, China Sales and Trading 等)を担当。2019年9月CEIBS(China Europe International Business School)にてGlobal Executive MBA取得。

2009年〜2013年まで銀行間為替取引を担当し、ボードディーラーとして数十億ドル/日の取引を執行。2014年〜2015年為替専門のセールスとして主に京都を中心に西日本のグローバル製造業約300社へ相場情報提供やリスク管理コンサルティングを実施。2016年〜2018年上海にて、中国銀行間取引を行う傍、華南・華北を含む在中国日系グローバル企業450社の為替リスク相談実施。為替相場講演会を中国全土にて10回以上実施。

Tanya Hsu

若竹コンサルティング パートナー

Dartmouth College 経済学部卒業後、Morgan Stanley New York で high-yiled Bond のアナリストとして勤務。現在は香港の BestWork Holdings でポートフォリオマネージャーを務める。業務上ヘッジファンドとの関係が強く、投資商品に精通している。CCCでは海外向け情報発信及び、香港情報の取得を担当。

2019年9月、China Europe International Business School Global Executive MBA 2017 首席卒業 。香港在住。