【2018】中国マクロ経済分析

本日は、読者の方々の関心が高いと想定される「中国マクロ経済」について、国家外貨管理局の公表レポートを基に、分析を試みます。中国マクロ経済指標は『正しくない』『集計方法が異なる』『だから信じない』との意見をお持ちの方へ、ぜひ見て頂きたい内容です。

続きを読む 【2018】中国マクロ経済分析

為替リスクの大小を測る3つの変数

『為替リスクの分類』続編です。『為替リスクの大小を測る3つの変数』と言うテーマで為替リスクについて深掘りします。為替リスクの大小を測る変数とは「期間のリスク」「金額のリスク」「通貨のリスク」の三つです。これら三つの変数が為替リスクに大きな影響を与えます。具体例を用いて解説します。

続きを読む 為替リスクの大小を測る3つの変数

科創板【取引開始】

上海証券取引所に新たな市場「科創板」が創設され、一般開放・取引開始となりました。科創板は習近平国家主席の肝入りのプロジェクトで、投資家からの投資を通じて、科創板に上場する企業の技術革新のレベルをより一層高めることが目的となります。初日は厳選された25社が上場を果たし無事に開場・閉場が行われました。

続きを読む 科創板【取引開始】

中国金融【今後さらに対外開放を進めます】

中国金融のさらなる対外開放について。国務院金融安定発展委員会が公表した計11条の通知について、中国語原文に沿って日本語訳を加えました。また中国金融の対外開放11項目が与える影響について解説いたします。中国金融は今後ますます発展していくことでしょう。

続きを読む 中国金融【今後さらに対外開放を進めます】

為替リスクの分類ついて

本日は『為替リスクの分類について』と言うテーマで広義の為替リスクの意味を深掘りしていきます。具体的には為替リスクは「為替取引リスク」「為替換算リスク」「為替経済性リスク」の三つに分類することが出来ます。それぞれどのような為替リスクなのか、具体例を用いて解説します。

続きを読む 為替リスクの分類ついて

シンガポールの金融政策(為替管理制度)について

シンガポールの金融政策について纏めました。シンガポールはMASと言う中央銀行が先進的な金融政策を執り行なうことで有名です。またシンガポールは東南アジアの金融ハブであり、個人の資産形成や法人のASEANビジネスにおける重要拠点となります。またシンガポールと香港との類似点や相違点についても纏めました。

続きを読む シンガポールの金融政策(為替管理制度)について